人生のライン

フィリピン

フィリピン・昔を思い出した数枚の写真 #19-0063

彼女とskypeで話すことは学費のことばかりになった skypeで彼女と話をする。現在、3人の子どもたちのうち2人が、カレッジだ。彼女の住む田舎から、子どもたちのいるバギオまで、およそ2時間30程度だという。常夏のフィリピンでも、山...
人生のライン

フィリピン行きと私の事情 2012年代 #19-0039

フィリピンに移動するのは別次元へのシフティング… フィリピンにいるときは、すべてが別次元のように感じる。自分自身さえも、別人であるのかもしれないと思うほど、気持ちは穏やかだ。今この時を感じることの大切さだけを感じることができるのに。...
人生のライン

フィリピン・忘れ得ぬ感動的な風景 part-2 #19-0013

首都マニラから北上 夕闇の中を私たちを乗せたワゴン車が、北へグングン進む。彼女にしてみれば、およそ6時間の車中を二度も経験していることになる。大変だな…と思う。私にとっては、初めてのフィリピンであり、しかも、彼女の田舎に向かっている...
人生のライン

フィリピン・忘れ得ぬ感動的な風景 part-1 #19-0012

彼女とフィリピンで再会 フィリピンで彼女と再会できた。2005年12月初旬(10日?)の頃のこと、半年以上ぶりだ。日本で見ていた時は、いつも彼女が働いていたPubの売上げのノルマ達成を迫られ精神面で苦しそうな表情だったが、いまは、働...