夢見心地☆まずは、ざれ言から…  ★20#0403

フィリピン-ピリピン

私は、成功法則の学びの中で、思いがけず形而上学的な概念に触れることになった。
そして、そちらにグイグイと引き寄せられている。
バシャールの言うように”ワクワクの情熱を大切にする”なら、私の興味のほとんどは、
その形而上学的な概念世界にある。

私にとって、いくつかの問題のテーマがある。
パラレルな世界、過去、現在、未来は同時に存在する、ワンネス、量子力学、思考の現実化、
バリアントの空間、内的意図と外的意図、そして…、
すべては私たちの意識の中だけで起きている幻想であるということ。

これらのテーマが、
私を途轍もなく、ワクワクさせてくれている。
単なるビジネス上の大いなる成功だけを夢見て得ることよりも、
もっと大きな根本的な宇宙の真理を知ることになるからだ。

特に、今回のブログでは、

「すべては私たちの意識の中だけで起きている」ということについて触れてみたい。

私にとって、
こういう理解を得られたきっかけは、
バシャールのメッセージによる影響が非常に大きい、

さらにその思いを強化していったのは、
トランサーフィンの元量子物理学者の
ヴァジム・ゼランド氏の著作
「振り子の法則」シリーズに説かれる概念によるところが大きいだろう。

最近では、すでに比較的に若くして亡くなられた
津留晃一氏らの公開されているメッセージにも、影響を受けつつある。
いずれも形而上学的な立場や観点からの示唆によるものだ。

私は、物理学者でもなんでもないし、非科学的なただの素人に過ぎない。
好きな世界なので、勉強はしているが。
所詮、私の言うことは受け売り以上のものではない。
その程度に受け止めて置いた方がいい。

しかし、前述したように、
彼らの概念から、
学び、受けた好影響の思考手順というものは、それなりにある。

以下は、
その範囲で述べている。従って、ざれ言に過ぎないことを、
事前の言い訳として述べておきたい。

量子力学の概念の奇妙さをよく示す動画がある。

YouTubeの動画。
シュレーディンガーの猫
http://www.youtube.com/watch?v=Q8savTZOzY0

がそれだ。

詳細は、直接動画をご覧いただきたい。

簡単にその動画の意図を表すなら、
箱の中に入れた猫が、
ある仕掛けによって死ぬ可能性のある状態で、
一定期間、放置したと仮定した場合、

  「量子力学では、人間が見ることが、ミクロの物質の状態を変えます」
     (シュレーディンガーの猫 :
       http://www.youtube.com/watch?v=Q8savTZOzY0 より)

という概念に基づく。

その箱の中の猫が、
生きているか、死んでいるか。
箱の中を支配するミクロの状態にある。

それを決定するのは、
わわわれが見るということ、その意識による影響を受けるというものだ。

この動画は、ややおどろおどろしい内容だが、
見る価値は、非常に高い。

私たちの日常的な概念では、すぐに理解しがたいが、それでも、
物理的な現実を考える上での、ひとつの大きな示唆を与えてくれるだろう。

私たちは、物理的な現実=リアルな現実を、ごく普通に当たり前のように、
何の疑問もなくただ向き合い眺めている。
見たままの物理的な現実の影響をそのまま受け入れている。

だが…。

私たちは、ある変化には気づくことがある。
たとえば、昔、住んでいた街などを歩いてみるとそれがよく分かる。
その年月が、長ければ、長いほど、その変化に驚くだろう。
都会では、特にそうだ。

かつて、ここにあったラーメン屋がない。そこは、100円ショップに変わっている。
ちょっとした敷地全体が、大きな空き地になっていたり、そこがまた、
しばらく放置されたままになると、雑草が背丈以上にも伸び放題になって群生していたりする。
そして、その同じ空間が、
また何かの商業施設に変わっていたりする。

ある昔住んでいた街の懐かしい空間の角を曲がってみたとき、
そこには馴染みの路地もなく家並などがない。そんなことで
驚いたりすることもあるだろう。

そうしたことを日本の古来の考え方からすれば、
「諸行無常」という概念で語られてきたことかもしれない。

しかし、
それを、改めて別の視点から見直すと、違った解釈もできるのだ。

街などが変化するのは、
ごく自然な成り行き、人間の営みの結果だと、普通には解釈されているだろう。

しかし、
   「ホントにそうだろうか…?」と、

現実は、見たままの体験しているままの世界なのだろうか…。
私は、ふと、最近そのように懐疑的に思うこともある。

なぜ、そう思うのか。

たとえば一旦、見方を変えると、私の意識が、
今、この瞬間までいたラインから、
別のラインにシフトしたという解釈をするのが、
より正しいのではないかと…そう思うこともあるからだ。

それが、果たして、間違いだといえるのだろうか…。などとも思う。

つまり、私が以前に観ていた、あるいは、体験していた過去は、
実は、今も別の空間にもともと厳然としてあるのだという考え方をしている。
私たちの意識が、今、そこを既に離れ、
別のライン上にシフトしているということだ。

そして、
瞬間、瞬間のラインから別のラインへの移動によって、
バシャールなどは、私たち人間の意識が、
そのようにして時間や空間の概念を体験し創っているのだとしている。

それがため、過去から、未来までは、一直線で結ばれているような錯覚に陥る。
しかし、真実は、すべてが、意識が創り出した幻影で、
私たち宇宙の意識空間には、固より時間も空間もないとしている。

と同時に、私たちが、
過去、現在、未来と称するものは、
同時に存在しているのだという概念が説かれる。

私は、その考え方に同調している。



戻る | ★前日の記事を読む

★過去リンク
夢見についての気づき 2020年版 Index(古い順より)
https://isle23ch.com/philippines-pilipin/yumemi/1084/

夢見についての気づき 2019年版 Index(古い順より)
https://isle23ch.com/philippines-pilipin/2798/

コメント

  1. Porn Site より:

    Wow that was unusual. I just wrote an really long comment but after I clicked submit my comment didn’t show up. well I’m not writing all that over again. Anyways, just wanted to say wonderful blog!

タイトルとURLをコピーしました