2019-10

ハロウィーン

フィリピン・ハロウィンで喚起した思い #19-0062

フィリピンのハロウィンの言葉のイメージで嬉しく思えたこと 実は、一昨日、フィリピンの彼女とSkypeで話たときに、バギオで、カレッジ生活をする子どもたち、長男と長女の二人が帰ってくるという。 「えっ…、なんで?」というと、「ハロウィ...
夢見空間

夢見☆巨大ロボット ★19#0069

子どもの頃は、ロボットが欲しいと思った。実際、まだ都会の街にも、いまは、ほとんど消失仕掛けている縁日が、まだ、あちこちで見られた頃、その露天商で、ロボットが売られていて、家人に買ってもらったことがある。そのころのいわゆるブリキのおもちゃだ...
夢見空間

夢見☆くり返し読みたくなる不思議な本 ★19#0068

「マスターの教え」著者/ジョン・マクドナルド(山川紘矢・亜希子訳:飛鳥新社)は、 なぜか、くり返し読みたくなる不思議な本だ。 こうした思いは、私だけの感想かもしれないが。 読後、いろんなことが気になり、 WEBで「マスターの教え」に...
フィリピン

夢見☆思考の持つ力 ★19#0067

思考の持つ力を、決して軽く見てはいけない。だが、私たちは、その思考の大半の結果を常に体験しているはずなのに、そして、そのほとんどは、ロクでもない結果を招きながらも、 その自覚が十分足りていない。 だから、いまそこにある状況や状態、環...
フィリピン

夢見☆ある意味、仮想世界 ★19#0066

映画は、典型的な固定されたシナリオに基づいた仮想世界だと言えるだろう。 だが、映画だけでなく、私たちのこの世界こそ、実は、ある意味、仮想世界だというような指摘をする者もいる。 この物理的現実が、実際には、何もなく、心の世界を投影した...
フィリピン

夢見☆既に存在している ★19#0065

「宇宙には時間も大きさもない」とは、 「ザ・シークレット」(ロンダ・バンーン著 山川紘矢+亜希子・佐野美代子   角川書店)p43の中の言葉だ。 通常、私たちは、この物理的現実においてすべての体験を時間軸で体験している。そのため、宇...
フィリピン

夢見☆奇跡を起こすには ★19#0064

「マーフィー100の成功法則」(大島 淳一[著] 知的生きかた文庫)の文庫本が、 ヤケに私の目に飛び込んでくるので、手にとった。 最初に開いたページの項目が、《28 人生の”偉大なこと”の多くは単純である》だった。 私は、左右の見開...
夢見空間

夢見☆怯えているものの影とは ★19#0063

それは、私がいくつの時の事なのか、まるでわからない。後で考えてみるとという推測で、 おそらく3才前後の頃なのだろうということだけがしかわからない。 2才というのは、ちょっと考えにくい。4才のとき、私は、他の地域に移り住んでいた。 だから、...
夢見空間

夢見☆神秘的なものを信じる ★19#0062

ジョー・ヴィターレ博士の著書(「宇宙スィッチ」ジョー・ヴィタレー[著] 住友 進[訳]  サンマーク出版)を開いてみた。偶然開いた項目が、《神秘的なものを信じてみる》だった。 冒頭、「祈り」について書かれている。祈りが病気を治すのに一定の...
フィリピン

フィリピン・パブ 夜空のマジック #40 【番外編】

フィリピーナの彼女が、日本でのビザの期間を終えて、母国へ帰ったときは私はホッとした。 もちろん、彼女の勤めている店に通う出費で悩むことがなくなるからだ。 さよならパーティを終えて、彼女の帰国をサポートする男たちが、数人で店にやってくる。 ...