夢見心地☆幸運の刈り取り ★20#0359

フィリピン-ピリピン

私たちの身の回りに起きているか。いま起きつつある。
あるいはそう感じてしまう

「悪いことは、姿を変えた良いことにほかならない。」とは、
ジェームズ・アレン著「きっとすべてがうまくいく」(坂本 貢一[訳] PHP文庫)からの引用だ。

”姿を変えた○○○”とは、つまり、
私たちの外側の世界である環境や状況、状態にあって
私たちが見ているもの。

あるいは私たちが体験していることは、そのすべてが、
「心という内側の世界の現れ」
  (前出「きっとすべてがうまくいく」より引用)

だということだ。

私たちは、私たちを取り囲む宇宙の法則をまったく気づかずに
毎日を生きている。

ほとんど意識せずにいる。

そして、心の中で抱く、ちょっとした幸せな思いも、
不幸せな思いも縦横に何度も繰り返し抱くものだ。不連続に。
どちらかといえば、それらは、圧倒的にネガティブな思いが優先されている。

何かの本で読んだもので…、あるいは類するようなもので。
その出所をいま思い出せないが。

私たちの心の状態がネガティブな傾向にあるのは、
脳が使われているのは、実質5%前後で、その脳の大半の9割以上が、
意図的に使われていないことと大いに関係している
のではないかという(あまり根拠の定かでない)指摘をするものがあったの思い出した。

としたら、ユニークな説だと思うが。

「心という内側の世界の現れ」を認めるなら、比重として、ネガティブな傾向が強い。
その心の不安定な情緒の連鎖が、相対的には、私たちの環境や状態を悪くしているという
ことになる。

だとしても、私たちは一向に悲観する必要は何もないのだ。

ジョセフ・マーフィー博士は、自身の著書「マーフィー 欲望が100%かなう一番の方法」(マーフィー”無限の力”研究会[訳] 三笠書房)の中で、
宇宙の法則は、

   「望む人に、望むものが与えられることを意味しているのです。
    『人は結局、自分のまいたものを刈り取る』ことになるのです。」
(前出「マーフィー 欲望が100%かなう一番の方法」より引用)

という。人が豊かで幸せになるか、あるいは貧しく不幸せになるかは、私たちがすでに手に入れている。潜在意識をいかに活用するかで、私たちの人生が決まると言っている。

その幸運の刈り取りは、私たち自身の考え方に大いに委ねられており、
次のように述べている。

   「この上ない幸福な人生を送りたいなら、自分はこの上なく幸福だという
    信念を持ち、その信念を潜在意識にまけばいいのです。」
(前出「マーフィー 欲望が100%かなう一番の方法」より引用)



戻る | ★前日の記事を読む

★過去リンク
夢見についての気づき 2020年版 Index(古い順より)
https://isle23ch.com/philippines-pilipin/yumemi/1084/

夢見についての気づき 2019年版 Index(古い順より)
https://isle23ch.com/philippines-pilipin/2798/

コメント

タイトルとURLをコピーしました