夢見心地☆何かの予告なのかもしれない… ★20#0386

枯れ枝 フィリピン-ピリピン

今年は、確定申告の日時が、思わぬ形で延長された。
私にとっては、昨年の帳簿はやる気が出ないほど、売上減に苦しんだ。
そのやる気を火をつけ始め焦りだしたとき、なんとパンデミックが起きた。

その結果として、3月16日までだった確定申告の締め切りが、一か月延長されたのは、
ご存じの方も多いと思いと思う。

その確定申告で、何年か前のことだが、私の備忘録に、面白いメモがあったので、
それをもとに、以下を記事をまとめていきたい。

  • * * * * * *

私の地元の青色申告会の控え室は、とても混雑をしていた。
そこに居座って、30分ほど過ぎた頃だろうか。

中年の女性がやってきた。私の目の前に空席があったからだ。

どう贔屓目に見ても顔は、下町のおばちゃん風だ。
思わず左腕に注目した。キラキラするものが見えた。
なんとも、派手な時計をしていたのだ。

明らかに、見栄っ張りで、税金対策の一環で、経費で、ムリ無理値段を吊り上げて
買ったものだろうということが、すぐに想像できた。
というのも、その時計全体が、小さな宝石類で覆われたなんとも趣味の悪い腕時計なのだ。
どこで、そんなものが売っているのか聞きたかった。ある意味事情通ということか。

右手も見えた。

薬指と小指にルビーのような感じの指輪が二つ。腕にも、何かのおまじないかと言いたくなるようなブレスレットを三重に巻いている。そこそこ豊かなのだろうと。
節税のためなら、なりふり構わない。一円でも、払う税金は少なくしたいというのが、見え透いている。

安っぽいテレビドラマ登場するような成金のオバちゃんだな…と、
それ以上の関心は、特に、持たなかった。
私は、目を瞑った。私は、係りの担当者から呼ばれるのを待った。

しかし、相手が私を放っておいてくれなかった。
そのオバチャンは、私の席の斜め前にいた女性の隣にあえて移動して座った。
その女性は、文庫本を読んでいる。
そのオバチャンの座ったのは、私の真ん前になった。

持ってきた荷物(領収書や帳簿だろう…)が、ことのほか多く、アッチでもない、コッチでもないと散々悩んで、ようやく落ち着いて座ったかのように見えた。

そして、まもなく珍妙な事が起きたのだ。

そのオバチャンは、右手を頬に当てて、何か呟きだしたのだ。
モゾモゾ何かを言っている。
最初は、その程度の呟きだった。目を閉じていた私もふと気になって、注意を向けた。

そのうちに、声が大きくなり、携帯で電話でもしているのだろうかと訝ったが…。
頬杖をついているように見えた右手に携帯はない。

「えーっ!ただのツブヤキおばさん…か?」
どうやら、一人で、何か、喋っているのだ。脈絡なく。
何を言っているのかが、よくわからない。

声は、次第に大きくなり、ふつうの会話レベルになった。そのうち、隣にいた文庫本の女性が、
タマラズ動いた。アブナイ人物と踏んだのだろう。このオバちゃんの移動の後、
空いたずっと向こうの席に、移動してしまった。

件のオバちゃんは、まだ延々とひとりで、しゃべっている。誰に話しかけるでなく、
自分で自分に話しかけ、ときどき、「笑っちゃうのよ。○X△□○…」などといって、
ケラケラ笑っているのだ。もう一度言う、これは、独りごとなのだ。

まわりのただならぬ空気が不穏さでおかしくなった。

  • * * * * * *
    という内容だった。今思い出しても、おかしい。

このオバちゃんは、基本的には、無害だったが。

それでも、私の関心は、タダらぬものになった。
このオバチャンの登場の意味について、その後も、ずっと考えさせられている。
もちろん、意味は、わからない…。

それはまるで、
かつて、故・寺山修司氏が率いていた天井桟敷の演劇の中で表現されていた
シュールなパフォーマンスみたいなものだからだ。ハイレベル過ぎた。

こうしたことは、私たちの日常の中で突如として現れるが、
どう無関係に見えても、
私たちの心のあり方と決して無縁で起きていない。

必ず意味があるものだと思う。
私自身の心の内奥の投影なのだろうと考えている。

つまり、私の潜在意識は、
このオバチャンをして、私に託した何かの示唆なのだと思っている。
単なる偶発的に現れた迷惑オバチャンなどでは決してないのだ。

ちゃんと理由がある。
理由があるというより、ある結果をもたらすための予告みたいなもので。
もしかすると、原因の表示であるのかもしれない。

なんらかのシンクロにシティを引き起こすための原因かもしれないと、
今朝、ふと思った。まだ、その結果は、示されていないが。

注意深く、私の身の回りに起こる、奇妙な変化に注意してみたいと思う。

その何かについて、わかったとき、お知らせしたいと思う。



戻る | ★前日の記事を読む

★過去リンク
夢見についての気づき 2020年版 Index(古い順より)
https://isle23ch.com/philippines-pilipin/yumemi/1084/

夢見についての気づき 2019年版 Index(古い順より)
https://isle23ch.com/philippines-pilipin/2798/

コメント

タイトルとURLをコピーしました