夢見☆人生はとても楽だ! ★19#0082

夢見空間

「あなたの人生は、あなたが考えていることを映し出す鏡です。」
とは、「ザ・シークレット」(ロンダ・バンーン著 山川紘矢+亜希子・佐野美代子[訳] 角川書店)p43の中の引用だ。
このことを別の言い方で表すなら、
同じ著作の中で言うなら、次のようになる。

  「これまで、あなたは人生は苦しいもので、闘わなければならないものだと
   思っていたかもしれません。」

(「ザ・シークレット」 ロンダ・バンーン著 山川紘矢+亜希子・佐野美代子[訳]
  角川書店:p73より引用)

とある。

これはどういうことを意味するか。
そう思うことにより、私たちは、私たちの人生をあまりにネガティブなものとして定義したことになるということだ。このいま私たちが体験しているまさにこの物理的現実が、実は、そう思い込んだ思考の産物(結果)であり、思考を通じたホロウィック体験(=現実のように感じる:「ザ・シークレット」:p72)でもあるのだ。
つまり「原因」を私たち自身が、自ら意識的に、まったく望んではいないカタチで創造したために、その「原因」に対する「結果」が、いま起きているということだ。

冒頭のメッセージは、次のように続きがある。

   「『人生はとても楽だ!人生は素晴らしい!いい物すべてがどんどん自分に
    やってくる!』と宇宙に向かって叫んでください。」

 (「ザ・シークレット」 ロンダ・バンーン著 山川紘矢+亜希子・佐野美代子[訳]
  角川書店:p73より引用)

と。いま望んでいない人生が現実化しているのなら。
そのように再定義すべきだと述べている。

そうだ!私たちは、何も自分で、人生を安っぽく定義する必要はないのだ。

堂々と、口に出して。自分に対して、
そのように思い込んでも、本来、悪いということは何もないのだ。

私たちは、以下のように思い続けることだ。

   「人生はとても楽だ!
    人生は素晴らしい!
    いい物すべてがどんどん自分に
    やってくる!』」
(前述:より引用)

なんとも景気のいい言葉じゃないか。
もう一つ。こう思うこともしてみたい。

   「神は私の供給の源であり、私の望みのすべては、いかなる時も、いかなる場所でも
    満たされている。」

 (「マーフィー 貧しさと富の法則 宇宙はあなたの祈りに従う」
     ジョセフ・マーフィー[著] 奥野節子[訳] ダイアモンド社)

ここで言う。神とは、潜在意識のこととして受け止めてみるといい。
私たちは、私たちに自ら根付かせてしまったネガティブな思いを払拭する意味でも、
マーフィー博士の先の言葉を、自分に自己暗示をかけてみるべきだろう。

タイトルとURLをコピーしました