夢見心地☆新しい世界への入口(自尊心) ★20#0314

フィリピン-ピリピン

自尊心については、以前にも、取り上げたが。実は、自尊心が成功へのカギとなり重要な意味を持つので、今回もその点について触れようと思う。

ジェフ・ケラーによれば、「夢をかなえる人生のガイドブック」(弓場 隆[訳] ソフトバンククリエイティブ)の≪第17番目は、自尊心は新しい世界への入り方の方法≫の章であり、それは、=(イコール)自己の人生のステップアップに加えられるポジティブな変化のための成長の道具でもある。

この17章では、ジェフ・ケラー氏が行っているセミナーの話が、冒頭、語られている。
そこで、彼のセミナーでは、会場の参加者に
  「自尊心が比較的低い状態からかなり高い状態に変化した経験のある人」に質問をしている。そうした経験を持つのは、参加者の1割程度らしい。

で、その自尊心の高まった人たちにどんな変化があったかを尋ねているそうだ。
それが興味深くおもしろい。

  「その人たちは自分の人生で起きたポジティブな変化について
ワクワクしながら話してくれた『昇進した』『人間関係が好転した』
『素晴らしい人と結婚した』などなど」

(前出「夢をかなえる人生のガイドブック」より引用)

と自尊心の高まりがポジティブな結果の反応を示していることを掲載している。

さらに、ジェフ・ケラー氏は、その変化の意味について示唆を加えている。

  「(自尊心の高まりによって)なぜ彼らの人生でポジティブな変化が起きたのか? 
   それは『引き寄せの法則』が働いたからだ。あなたは自分がずっと考え、
   自分がそれだけの価値があると感じているいるものを引き寄せる。
   あなたは自分の思考と感情に合致する状況を磁石のように引き寄せるのだ。」

 (前出「夢をかなえる人生のガイドブック」:
   [自尊心の高まりによって]=私が理解しやすいように加えたもの著書にはない)

と述べている。

この自尊心のレベルと引き寄せの関係については、ジェフ氏は、この章の中で、分かりやすい説明をしている。

つまり、10のラジオ局のたとえだ。

  「1から3のラジオ局は、自尊心の低い人たち、4から6のラジオ局は自尊心が
   普通の人たち、7から10のラジオ局は自尊心の高い人たち」

(前出「夢をかなえる人生のガイドブック」より引用)

と、

あまりにも単純化しすぎているがと前置きしながら分類し、説明を行っている。

  「あなたの人生が5のラジオ局で『放送』されているとしよう。
   あなたの自尊心が普通だ。あなたが引き寄せる人たちの大多数は4から6の
   ラジオ局の人である。」

(前出「夢をかなえる人生のガイドブック」より引用)

確かに、少し荒っぽい区分けであるかもしれないが、概ね、”類は友を呼ぶ”という昔からの諺を裏付ける話としては、一理あるだろう。

その上で、ジェフ氏は、さらにおもしろい示唆をしている。

  「どんな人を引き寄せるかという選択は、潜在意識のレベルで行われる。
   もちろん、意識的には『私は自分をよく扱ってくれない人を引き寄せたい』
   とは誰も思っていないが、潜在意識のレベルでは、『自分はよく扱ってもらう
   価値がない』と感じている」

(前出「夢をかなえる人生のガイドブック」より引用)

のだと、非常に人の心理を付く鋭い指摘をしている。

このように私たちが抱く自尊心の意味は、成功法則の実践において、意義が深い。

ジェフ氏は、言い放しではない。どうすれば引き寄せの法則を活かしながら、自尊心を高めていくかを4つあげている。

まずは、前出著書を読むことをお勧めするが、
特に、
その中から、興味深い方法のひとつを非常に簡単に紹介しておく。
それは、その3だ。

「自分の日ごろの語彙を変える」がそれだ。

  「日ごろ自分に何を言っているかが重要だ。たとえば誰かが自分をほめてくれたら、
   素直に『ありがとう』と言おう。」

(前出「夢をかなえる人生のガイドブック」より引用)

と言うもので、自分に向けられたほめ言葉を否定してはいけないというものだ。謙遜を建前とする日本人の考え方の逆をするよう勧めている。
前出著書には、なぜそうすべきなのか、その理由なども説得力ある言葉で語られている。
それは、本で確認いただきたい。



★戻る | ★前日の記事を読む

★過去リンク
夢見についての気づき 2020年版 Index(古い順より)
https://isle23ch.com/philippines-pilipin/yumemi/1084/

夢見についての気づき 2019年版 Index(古い順より)
https://isle23ch.com/philippines-pilipin/2798/

コメント

タイトルとURLをコピーしました