夢見心地☆自分の力を確認する言葉 ★20#0331 

フィリピン-ピリピン

自分の力を確認し高める言葉があるという。それは…。

「私は、力に満ちています。私は、力に満ちています。私は、力に満ちています。」
と、この言葉を、くり返し行うべきだと、
B・スィートランドの”「私はできる!」黄金の法則”(桑名一央[訳] 知的生きかた文庫)の中で、アドバイスしている。

特に、朝目を覚ましてから、寝床につくときを大切にし、気がついたときには、一日のどの瞬間でも、いつでも言うことが望ましいとしている。
”この言葉の背後にある意味を”いま分からなくても、きっと何らかの効果があるので、
やるべきだという。私は、早速、実践を始めた。言い続けていこうと思う。

まだ日が浅いので、どうのこうのいうほどのものはない。

言葉の背後にあるものへの背後について考えてみた。

私なりの解釈だが、
B・スィートランドが言うこの言葉の背後の意味については、
すぐに以下のような意味があるのだろうと直感した。

あくまでも推量の域を出ないが。
ジョセフ・マーフィー博士の言葉で、

   「神は私の供給の源であり、私の望みのすべては、
    いかなる時もいかなる場所でも、満たされている。」

   (「マーフィー 宇宙はあなたの祈りに従う」奥野 節子[訳] ダイヤモンド社)

こうした思想的な流れを汲む思いがあるように思う。

なぜ、B・スィートランドが、この
「私は、力に満ちています。」を口ずさみなさいと言っているかといえば、
それは、
私たちが基本的に、後ろ向きな思いに根ざす傾向があると言う示唆によるものだ。

  「心理学者たちは、数千の事例を分析、研究した結果、98パーセントの人々は、
   消極的な側に傾く心をもっていることを発見している。」

     (前出「『私はできる!』黄金の法則」より引用)

と、述べている。
さらに、指導者とされる人たちの全体の割合を見ても、
ほぼ、それに合致しているのではないかとも言う。

そこからの心理的な脱却を図る意味でも、
後ろ向きな、”私はできない。”から、”私はできる”人間に変わることを目指して、
「私は、力に満ちています。」の言葉を自己訓練のために言うべきだとしている。

  「道を歩いているときも、歩くリズムに合わせて、この言葉を自分自身に
   くり返し言って聞かせるのである。」

     (前出「『私はできる!』黄金の法則」より引用)

道を歩いている時に、私も、これを実践しているが、通りすがりの人が、
すれ違いざまに時々振り向くことがある。でも気にしないことだ。変わり者でいい。

それが、消極的な98パーセントから抜け出るという始まりであり、いま通りすがった人とは、
決まった通勤時間帯などで行うのでなければ、
確立で言ったら、二度と出合うことはそう多くはない。

なぜそう言い切れるのか、つまり、
哲学的なあるいは宇宙の法則的な意味で考えるなら、
前向きな言葉を発していると自身が波動的に大きく成長していく。
その成長の度合いにつれて、自身の出会いそのものが大きく変わってくるからだ。



★戻る | ★前日の記事を読む

★過去リンク
夢見についての気づき 2020年版 Index(古い順より)
https://isle23ch.com/philippines-pilipin/yumemi/1084/

夢見についての気づき 2019年版 Index(古い順より)
https://isle23ch.com/philippines-pilipin/2798/

コメント

タイトルとURLをコピーしました