夢見心地☆心の身支度 ★20#0351

フィリピン-ピリピン

「シュラー博士の願いをかなえる一番いい方法」(ロバト・シュラー著 桑名一央/藤原一郎[訳] 知的生きかた文庫・三笠書房)には、
「積極的な考え方」に誰でも変わる8つのステップが紹介されている。
おもしろい考え方だと思ったのは、

ステップ3だ。
タイトルは、ズバリ!≪朝一番、「心の身支度」を整える≫である。
外出する際には、自身の外見の身支度、服やちょっとした身だしなみを整える。
それと同様に、心にも身支度が必要だというのだ。

以前、この本を読んだときには、あまりこのメッセージ(ステップ3)には、正直、関心をもてなかった。いろんな本を読みながら、再び、ここを読んだときに、「なるほどそうか…。」と、新たな思いを強く抱いたので、このブログに書いてみようと思った。

この心の身支度を整えるということは、とても重要だ改めてそう思わされた。

それは、自分の意識を”健全で、前向き”に整えるという意味で、すでに朝晩、
もしアファーメーションなどを行っているとすれば、心の身支度を整えていることになる。

なぜ、この心の身支度が必要かというと、
朝起きて、目覚めれば、その瞬間から、いろんな情報が飛び込んでくる。TVや新聞、インターネット、各種メールなど。

それらは、いろんなカモフラージュがなされており、一見して気づかない場合もあるが。それらすべてが、心に良い影響を与えるとはとても言えない。そのほとんどがネガティブな情報で汚染されたTVや新聞等、インターネットなどの情報で、心に悪影響を及ぼすものが多くあり、潜んでいる。

このことは、成功法則本などで、ニュースなどに捉われる危険性は、よく指摘をしているところだ。TVや新聞などは、極力、見ない方がいいと言っている著者もいる。
最近、私も、それを強く感じつつある。まったく世間音痴になっても困るので、何が起きているのかを知る意味で、せめて、大見出し、中見出しぐらいで十分だと思う。

内容を細かく見る必要もないと思っている。暗い、悪意に満ちた事件のニュースを知って、どうなるというものでもない。情報を知った後に残るのは、私たち自身の心の中に、人生における希望や夢を悲観的に曇らせるだけで、嫌な気分にさせるだけだ。
断定的に言うことは難しいことだが、ある意味、有害だといえる。

私たちの心は、私たちを取り巻く状況や環境、つまり目覚めた瞬間から、ネガティブな情報に晒されている。だから、それから身を守る手段がぜひ必要だ。
そのために、賢人であるシュラー博士は、私などがそれに気づく、ずっと、ずっと以前に、

すでに、
心の身支度を整える必要があると唱えているのだ。

  「賢い人々は、『積極的な考え』で自分の心を飾り、心の身支度を整えます。
   それは、自分を攻撃する『消極的な考え』を防御する楯になるのです。」

    (前出「シュラー博士の願いをかなえる一番いい方法」より引用)

様々な心を打ち砕く暗いニュースや情報は、それを知って、
私たち自身が、以前よりずっと積極的になった。
とても明るい、ポジティブな性格になったということには絶対にならない。
だとしたら、それはある意味、シュールな笑い話だ。

基本的には、そうしたものをなるべく避け、自分自身を積極的に明るくする自分のための思考法を実践するしかない。そのために心を前向きにしてくれる言葉のアファーメーションは有効だ。

シュラー博士は、牧師だということもあり、
    「信ずるものには、どんなこともできる」
     (前出「シュラー博士の願いをかなえる一番いい方法」より引用)と、

朝起きて身支度する時に、この言葉を使うという。また、
いろんな場面でも、心に掲げるともいう。
それは、まさしく祈りであり、それが心の身支度なのだ。


★過去リンク
夢見についての気づき 2020年版 Index(古い順より)
https://isle23ch.com/philippines-pilipin/yumemi/1084/

夢見についての気づき 2019年版 Index(古い順より)
https://isle23ch.com/philippines-pilipin/2798/

コメント

タイトルとURLをコピーしました