夢見心地☆次の日がどのようになってほしいかを願う ★20#0421

フィリピン-ピリピン

私たちは、希望と夢を持ち、望む現実の具現化、1ヶ月先だとか、半年、1年、あるいはそれ以上少し先の未来をなんとなく設定している。

その意味から言えば、「引き寄せの法則」の活用は、イメージングの効果の期待もそうだが、
特にある一定の時間を経た未来で実現しようというものではなく、
いまこの瞬間でも願いが叶えば御の字で、それが一番のぞましく有難い話だ。

だが願望実現には私たちは時間が掛かるものだと、
勝手に制限付きの理性がそのように定義し、そして自ら想定したとおりに、
現実化されるまでの時間を繰延し、思った通りを実行してしまうということがある。

本来「引き寄せの法則」が実行される上では時間も空間もない。
すべては私たちの意識の状態に左右されるだけのものだ。
もちろん、物理的な現実が変わるための粘性というものはあるが、
それでも多くの場合は、私たちの意識が現実化を無意識うちに遅らせているようだ。

「それが、実現するには、難度が高いから時間が掛かるだろう」とか、
「それは規模が小さいからすぐに実現されるだろう」というような。

「ザ・シークレット」(ロンダ・バーン著 山川紘矢+亜希子・佐野美代子[訳] 角川書店)
にも《達成までの時間》の項目で、ロンダ・バーン氏が
次のような示唆をしている。

  「量子力学者やアインシュタインはすべての事象は同時に起きているのだと
   教えています。時間など存在しないのだと理解し、その概念を受け入れれば、
   自分が将来欲しいものはすでに存在していると考えてもおかしくない事が
   わかります。」
       (前出:「ザ・シークレット」 p106より)

今回のブログでテーマにしたいのは、
「引き寄せの法則」は、特別に先の将来のことだけを言っているのではないということだ。

今日一日のこの後のことや、明日の大切な予定などについても、
当然、好影響を与えるよう事前に作用させることができるということだ。
そのことをテーマにしたい。

つまり、遠い先のことばかりでなく、身近なところで、
「引き寄せの法則」を次のように活用できるということだ。

   「日々の出来事を前もって思考で決めることを毎日の習慣にしてください。
    自分が何かをする前に、自分がどこかへ行く前に、いつも事前にどうなって
    欲しいのかを考え、事前に宇宙の力を設定してください。」
       (前出:「ザ・シークレット」 より引用)

少なからず、不安を持って望むよりも、自分がこうあって欲しいとイメージをして、
今日のこれからのことや明日のことなどを人生のシナリオにしてコントロールするということだ。

人生のシナリオの予習を意図的に作成できるということだ。

ならば、復讐もできるはずだ。
そのことが、

「ザ・シークレット」には、
そうした記述があまり目立たないようなカタチで、しっかり記述されているのだ。

以下は、《復習》篇だ。

ジョー・ビタリー博士は、自身の著書で、度々取り上げているが、彼が大変な敬意を持っているマスターのひとりに、ネビル・ゴダード氏がいる。

そのマスターについて、「ザ・シークレット」の著者ロンダ・バーン氏も偉大なる師(マスター)として、ネビル・ゴダード氏を取り上げている。そして、
バーン氏は、1954年にネビル氏が行った講義「人生を変える方法」の中で語られた
”ある方法”について、紹介をしている。

それが、大変示唆に富んだもので、本日のブログでテーマとしたかった《復習》篇に、
相当すると思い、その内容を「ザ・シークレット」の中から、引用させていただこうと思う。

   「ネビルは毎晩寝る前に、その日の出来事を全て思い出すよう奨めています。
    もしも自分の思い通りにいかなかった出来事や瞬間があれば、それをワクワク
    するような喜びと共に、頭の中で再生しなおすのです。」
        (「ザ・シークレット」:p122より)

過ぎてしまった今日一日の出来事。「過去」という名の取り返しのつかない時間。
なぜ、そのようなことをすることに意味があるのか。

バーン氏は、続けて言う。

   「そうすると、その日の自分の波動が浄化され、あすのための新しい波動や
    シグナルが放射されます。すると、来るべき将来に向けて自分のおかれる
    現実を新たに創造することになります。」
                (「ザ・シークレット」:p122より)

と述べている。

つまり、
今日あったこと、明日予定されている様々なことに、人生のイメージングで《復習》し、
人生をイメージングで《予習》すると、

端的に言えば、次のようになる。

今日あった必ずしも思い通りにいかなかったことを、
ワクワクするように喜びとともに思い返す(イメージング)と、
復習は、私たちの波動を浄化する。

また、明日の予定がすべてうまくいくようにイメージングすることで、
それは、より良いものを選択でき、惹きつける力をもった波動を放射するということでもある。



戻る | ★前日の記事を読む

★過去リンク
夢見についての気づき 2020年版 Index(古い順より)
https://isle23ch.com/philippines-pilipin/yumemi/1084/

夢見についての気づき 2019年版 Index(古い順より)
https://isle23ch.com/philippines-pilipin/2798/

コメント

タイトルとURLをコピーしました