夢見心地☆若々しく生きる ★20#0438

フィリピン-ピリピン

備忘録のデータより、
当時、97歳の段階で、いまだ現役の女性報道写真家だという
笹本恒子さんの若々しさに驚いた。

しかも、現在105歳で御存命でおられる。それは何より喜ばしいことだ。

YouTubeの動画で、ご本人の近影と思われる動画がTV番組の番宣の動画
という形で掲載されている。
「よくばりな人生~報道写真家・笹本恒子~」
https://www.youtube.com/watch?v=UvWj3J_XBVM

かなりの高齢ということもあって現在では、
介護者が付いたり車椅子のようなものに身を任せる機会も増えているようだが。
その手から、カメラは手放していないようだ。

見た目は、どうみても80代前半と言っても過言ではない。
言葉も、言語明瞭にしてハキハキしている。

そんな方だから、当然、NHKや「徹子の部屋」などで、
一部マスコミで、何度か注目され取り上げられている。

笹本さんをご存知の方も少なくないだろう。

私は、数年前にTV朝日の当時にやっていた
「モーニングバード」の”Aウーマン”のコーナー中で、
初めて笹本さんを知った。

「えっ、こんな方がいるのか…」という思いだった。

歴史的な場面にも多く遭遇し、価値あるシャッターを押し続けてきた方だ。
そして何よりも、いまもって海外の取材もあるという。

私がもっとも関心を抱いたのは、成功法則を学ぶという立場からだが。2点ある。

Aウーマンでは、ただの安っぽい情報紹介に終わっている点に、
ツッコミが足りないと不満に感じたが、それでも、笹本さんの生き方の信念を、
ほんの数分程度の付けたしのようにではあったが。
笹本さんの履歴とともに紹介していた点だけは評価したい。

笹本さんは、ご自身の人生で2度ほど大きな逆境に遭っている。
仕事が多忙になり夫との心の溝ができ30代半ばでの離婚したこと。

さらには40歳を半ばには、
打ち込んでいたカメラマンとしての得意先だった出版社などで、
相次いで雑誌などが廃刊になり、仕事を失い苦境に立たされて人生のどん底に喘いだようだ。

そんな笹本さんの言葉は、深い。
  「どんな状況でも絶望せずに挑戦する。」
   (モーニングバードのAウーマンより)

との力強いメッセージが紹介された。
同番組は、この点をしっかり教訓として伝えるべきだったと思う。

私が、関心を寄せたもう1点は、
笹本さんの若々しさの秘密と理由だ。
前出番組では、残念なことに、食事療法などを、ちょっと紹介するのみで、
突っ込んだ捉え方をしていなかったが。

そうした食習慣も関係はあるだろうが、第1義にあるものは、他に原因がある。

その秘密は、笹本さんの潜在意識に理由があるということだ。

「好奇心ガール、いま97歳」(笹本恒子著 小学館)の本の黄色い帯には、
「もういくつだわ、なんて考えたらおしまい」とあった。

笹本さんご自身は、年齢を忘れるインプットを、常に意識せず行なっていたのだろう。

R.W.トラインの著作「最高の人生を得るために」(中村美穂[訳] ソフトバンククリエイティブ)の≪第2部 精神の驚くべき力 3章 身体は心を映す鏡≫には、
年齢よりも、老けて見える人、若く見える人をとりあげ、身体的に表れる影響は、
心の在りどころに、大きく関係していると示唆している。

   「身体の年齢は心が左右します。
    例外はあれ、これこそが一般的な法則なのです。」
   
  (前出:「最高の人生を得るために」より引用)
と述べ、

さらに、第4章 健康に長生きする秘訣では、

  「潜在意識はつねに、意識によって伝えられる暗示やイメージの
   支配下にあります。
   そしてここにこそ、快適か不快か、健康か不健康か、人並みか人より老けるのが
   早いかを決める重大な真実があります。」
  
 (前出:「最高の人生を得るために」より引用)

意識的に、アンチエイジングに取り組めることを示唆している。



戻る | ★前日の記事を読む

★過去リンク
夢見についての気づき 2020年版 Index(古い順より)
https://isle23ch.com/philippines-pilipin/yumemi/1084/

夢見についての気づき 2019年版 Index(古い順より)
https://isle23ch.com/philippines-pilipin/2798/

コメント

タイトルとURLをコピーしました