夢見心地☆人生の真実を描いた物語 ★20#0445

フィリピン-ピリピン

「ザ・シークレット」(ロンダ・バーン【著】 山川紘矢+亜希子・佐野美代子【訳】 角川書店)は、個人的には偉大な書だと実感している。同様の引き寄せの本は沢山あるが、特に当該書籍は、それらに比類する以上の著作だと、時と成功法則の学びを経るにつれてその思いをますます強くしている。

ページを開くたびに新しい発見をすることがある。昨日、この著作の樹になる箇所を読み返しているときに、新たな示唆に気づいた。あまりにさり気なく記述されているので、読みながら見落としてしまうような表現がある。

p79の《「秘密」の使い方》の冒頭、p79-p81の個所が、素晴らしい箇所だと思う。
特に、冒頭の書き出しに、ハッとさせらるのだ。

その箇所を引用すると、

  「あなたは創造者です。」という書き出しで始まる。文言がある。
   (前出:「ザ・シークレット」より引用 p79)

この言葉に、改めて「そうだったのか…」という思いに気づかされた。

私個人として言えば、この作品に出合って、およそ10年以上になるが。
これまでは、この文言を読み進めていた時は、ただ何となく、読み通してしまい。
ふん。そうか…ぐらいに…「で…、それが何?」と否定も肯定もせず、
特に、心に引っかかりもなく読み進めていた。

著者が、この文言を使った意味を充分理解できていなかったのだ。

いま、この言葉の意味の重さを改めて痛感する。

私たちは、「創造者」なのだ。

私は、どう理解しているか。それをまず記述したい。

今回、理解の助けとなったのは、

この「あなたは創造者です。」の後にすぐ続く、

   「あなたは創造者です。『引き寄せの法則』を使った、
    簡単な創造の方法があります。」
   (前出:「ザ・シークレット」より引用 p79)

と表現されている。私たち人間は、他の生き物たちと同じ制限の中で生命活動を行い、
宇宙や自然の法則の支配の下にあって。
中でも、とりわけ私たち人間は「引き寄せの法則」を簡単に、しかも容易に使いやすい立場にあるからで。

引き寄せの法則を使えば、私たちが欲しいものを手に入れることができ、私たちのリアルな物質世界を豊かにすることができる。

なのに、創造主であることに素直に頷けないのは、ただ容易にシンプルに「引き寄せの法則」を使える立場にありながら、私たちの心が外的な世界の写し鏡の世界に混乱し迷うために、有効に使えていないという事実がある。

話を元に戻せば、「引き寄せの法則」がしっかり使えれば、文字通り、
私たちのこの世界は、私たちの思い通りの創造主になれる物質的な世界に生きている。

もう1点、このp79の《「秘密」の使い方》の冒頭に書かれている文言で、
深い意味がある箇所について、紹介したい。

それは、次の文言だ。

  「偉大な師やアバター(神の化身)達は彼らの偉業を通して
   沢山の創造の方法を私たちに教えています。物語によって、宇宙が
   どのように働くのかを教えた偉大な先人達もいました。その物語に
   出てくる英知は、何世紀もの間受け継がれて今では伝説となっています。」
   (前出:「ザ・シークレット」より引用 p79)の文言の中で。

その物語に出てくる英知とは、
「アラジンと魔法のランプ」が、あえて取り上げられている。

一般的には、ここの文章を読み進めていく人たちの多くは、かつて読んだ「アラジンと魔法のランプ」の特異な物語性に圧倒されており、その深みのある示唆について気づくことはないだろうと思える。

この偉大なる物語「アラジンと魔法のランプ」は、その物語性が非日常な世界観であふれ際立っているので、いわゆるおとぎの国の世界だからこそ起こり得る話だと、特有の物語のムードに酔って見落とされてしまう部分がある。

なぜなら、
「アラジンと魔法のランプ」は、実は、歴史の重みの淘汰に耐え揉まれながら残ったすぐれた作品であるが故に、そこで語られている人生の真実の説教臭さはやや控えめだ。作品の独創性の後方にやや隠れてしまっている。

実は、「アラジンと魔法のランプ」の物語には、
「思いを抱けば、願いは叶う」のだという人生の真実が語られている。
もっと強調的に言うなら、
自分が望むものを意識的に選択すれば、その結果として、現実化できるということが、
語られている。

「ザ・シークレット」は、そのことをしっかり教えてくれているのだ。



戻る | ★前日の記事を読む

★過去リンク
夢見についての気づき 2020年版 Index(古い順より)
https://isle23ch.com/philippines-pilipin/yumemi/1084/

夢見についての気づき 2019年版 Index(古い順より)
https://isle23ch.com/philippines-pilipin/2798/

コメント

タイトルとURLをコピーしました