夢見心地☆感謝の法則 ★20#0288

フィリピン-ピリピン

私は、「感謝」という言葉が好きだ。
日ごろでも、極力、人に対して多く言うようにしている。

つい最近のことだが、ちょっと、親しい口を聞かせていただけているある担当者に、
別れ際に「感謝しています。」と述べたとき、
相手の方が、恐縮する反応を示していた。

ただし、この方は、感性が豊かなので、率直にそうした反応を示していただいたものと思っている。
目に見えないカタチで、影響は残しているのだろうと信じつつも。
現実のちょっとした場面で感謝を述べても、
感謝されてありがたいというような表情を見せる反応はなかなか得られない。

多くの場合、ひどくそっけない感じの対応を示す人。
表面的なことだと思うが、
感謝の言葉を聴いても意に介していないと言わぬばかりの外見上の人は実に多い。
だが、ほんとうは、必ず感謝の持つ効果と意味があるのだと信じて、私は使うようにしている。

私は、恥ずかしい話だが、感謝の意味を充分理解していなかったと思わされる記述を、
マーフィー博士の記述の中から見出すことができた。紹介させていただきたい。

その本は、「あなたも金持ちになれる」
(ジョセフ・マーフィー著 和田 次郎[訳] 産業能率出版部刊)の
”感謝の法則”P200の項目にある。

私のことで恐縮だが、
感謝とは、相手のしてくれたことへの御礼の気持ちを返す丁寧な意味を込めた言葉なのかと思っていた。もちろん、それについて間違いではない。だが、実は、とんでもなく深いのだ。そのことを知った。感謝について、まず原理的な結論を先に申し上げておこう。

マーフィー博士によれば、
それは、作用と反作用の自然法則の受け入れの賛美だということが示唆によってわかる。
その理由を、
マーフィー博士は、聖書の言葉の一節を引用する。

「あなたが神に近づくならば、神はあなたに近づくであろう。」

     (前出「あなたも金持ちになれる」より引用)

この聖書の言葉は、感謝の法則について比喩的に語るものだと述べ、
引用した聖書の言葉の意味を解説して、感謝とは、
「作用と反作用の自然の原理であり、宇宙の法則」
(前出「あなたも金持ちになれる」より引用)を意味しているのだと記述している。

さらに付け加えて言えばとしながら、分かりやすくその意味を説いている。
   「これは、あなたが潜在意識に植えつけるものはどんなものでも
    必ず外的な世界に具体的な形をとって現れてくるということを、
    ことばを替えて述べたものです。」

     (前出「あなたも金持ちになれる」より引用)

マーフィー博士は、牧師でありながら、
聖書の言う「神」を「潜在意識(無限の英知)」のことだとなぞらえている点は重視したい。

また感謝の法則の前提として、
   「あなたの願うよき成果を得るために」として、
次のように言う、

   「第一に、すべてのものが流れくる無限の英知が存在することを受け入れ、
   第二に、この根源があなたの思想の傾向に従って返答するものであることを覚え、
    第三に、深い感謝の気持ちをもって無限の英知とあなた自身とを結びつけなさい。」

     (前出「あなたも金持ちになれる」より引用)

と説いている。

これは、さらに分かりやすく言えば、
無限の英知が存在すること。

マーフィー博士は、信じることの大切さを強調しており、
「思想の傾向」とは、思いの程度を示していると思われる。
どれほど必要とし望んでいるかというその程度だ。

それに無限の英知がその熱意に応じて答えるものだとしている。
第三の”深い感謝の気持ちをもって”というのは、
作用・反作用を確信することという意味が込められており、
私たちはそうした能力を持ち合わせていることに感謝で示すということだと思う。

マーフィー博士が言う、感謝の心を表す言葉を、思い出したので紹介したい。

   「神は、私の供給の源であり、私の望みのすべては、いかなる時も、
    いかなる場所においても、満たされている。」

     (後述「マーフィー 宇宙はあなたの祈りに従う」)

この言葉をアファーメーションの言葉の一つとして、唱えると良いとしていた記述が、
「マーフィー 宇宙はあなたの祈りに従う」
(ジョセフ・マーフィー著 奥野節子[訳]ダイヤモンド社)にあったことも思い出した。



★戻る | ★前日の記事を読む

★過去リンク
夢見についての気づき 2020年版 Index(古い順より)
https://isle23ch.com/philippines-pilipin/yumemi/1084/

夢見についての気づき 2019年版 Index(古い順より)
https://isle23ch.com/philippines-pilipin/2798/

コメント

タイトルとURLをコピーしました